So-net無料ブログ作成
検索選択

リカバリー後、Windowsアップデートが出来ない [ThinkPad T520 4242RZ7]

ふだん、あまりWindowsアップデートにこだわる方ではないのですが、
むしろ、アップデートは停止にしてたりしますが、
リカバリー後、全くアップデート出来ない状態になってしまって、焦ってしまいました。

さいしょは、
 このコンピューターで利用できる新
 しい更新プログラムを確認中にエラ
 ーが発生しました。

 エラー:

 コード8007000E Windows Update で不明なエラーが発生しました。

 という表示が出ていたのが、             4.JPG


↓ の記事を参考に、
2015/11/18  WindowsUpdate(ウインドウズアップデート)のエラー
8007000Eが出て更新プログラムを更新できないときの対処事例(Windows7)

Internet Explorer 経由で、
Windows 7 用更新プログラム (KB3050265)をインストールしたら、
今度は、
更新プログラムを確認中の画面が2時間くらい続いてるので、

2.JPG

パソコンがおかしくなったのかと思ってしまいました。

 

こちらの記事を読んでいたら、
  このページの概要 (2016.02.25修正)
  32bit Windows7 の場合は、2016年2月時点でも多少のメモリ不足の問題は発生します(大抵の場合  エラー 8007000e が記録される)

少なくとも、2015年4月以降、メモリー4GBまでのパソコンで、
この現象が多発しているのがわかりました。
2015年4月~8月にかけて発生していた問題の場合は、
Windows 7 用更新プログラム(KB3050265)で解決していたみたいです。
  2015年9月以降は、KB3050265とKB949104を先にインストールする
  
必要はありません。これに相当する新しい更新プログラムが公開されています。
と書いてあって、
解決策として、
Windows 7 用更新プログラム (KB3112343) 
を、
https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=50031

6.JPG

インストール、        

   7.JPG                         

再起動させると、解消すると書いてあったので、

8.JPG     

実行してみました。

 

再起動したら、アップデート出来る状態になっていました。9.JPG

 

で、今、Windowsアップデート中。            10.JPG

 

11.JPG

 

成功: 104個の更新プログラム
失敗: 112個の更新プログラム   12.JPG

スクリーンショットを撮ったりしていたので、 
失敗が多くなってしまったのだと思います。
Windowsアップデート中は、ほかの作業はしないことです。
で、続けてアップデートしたら。
23:00 成功: 98個の更新プログラム
     失敗: 1個の更新プログラム  14.JPG

 

この際だから、さいごまでアップデートしました。15.JPG

 

Windows 7 用更新プログラム (KB3112343)をインストールして、
再起動させる は、2015年9月以降の解決策なので、
時期によって、また変わってくるのかもしれません。


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0